夫と交わらない妻の心理とは?

女性は、夫を評価するとき、減点方式を採用していきます。
そのため、結婚後、夫に対して満たされない事ばかりを、女性は表面化してきます。
それに女性は、夫との結婚を後悔するかのように、満たされない部分を加齢と共に表面化していきます。
それは、夫に比べて女性は、出産や子育て、家事などの環境の変化が多いからとなります。
だから、女性は、妻としての心理に母親としての心理が加わるのです。
ここでは、男性である夫よりも女性である妻の心理の方が、変化が激しいことについて紹介します。

出産をすることで夫を男性として感じなくなる

夫と交わらない妻の心理とは?

女性は子供を出産することで、母性本能が強くなり母親へと変化します。
この変化は、女性が育児をするための本能となります。だから、夫に対して、子供の父親としての意識が強くなります。
このようなときに、夫が気遣いを怠った愛の営みを要求すると、子育てと家事で疲労している女性には、夫に対してマイナスの評価点をつけて減点をしていきます。
しかし、女性として夫の愛を確認したいときが来ますが、長いセックスレスが影響をして、夫に要求ができないのが女性なのです。
だから、次第に妻の心理として夫から遠ざかり、触れられたくなってくるのです。

夫からの拒否が女性として受け入れられない

女性は、出産をすることで、お母親になります。しかし、女性としても心を失ったわけではないのです。
だから、母親から女性に戻ったときに、勇気を出して夫に愛の営みを要求すると、普段、要求をしている夫がすでに受け入れられない状況になっていることがあります。
そのようなとき、女性としての妻は、夫から拒否を受けます。
これによって、女性は心に深い傷を受けることになります。この結果、夫婦の中で悪循環が生じて、いつの間にか女性は、夫に触れて欲しくない心理が働きます。

夫以外に好意を抱く男性ができた

夫と交わらない妻の心理とは?

女性は、男性と違い、夫との愛の営みが減ることで、愛と性欲を満たすところが内のです。そのため、育児などが慣れたころに、異性と出逢うチャンスとなる仕事に復活すると、普段、スキンシップが減った夫以外の異性に対して男性を感じ、好意を持つようになります。これついてエスカレートすると、浮気になります。
しかし、女性は夫を減点方式で評価しているため、まだ減点を受けていない異性に愛を移動することが多いのです。
これは、夫に触れて欲しくない気持ちより、夫婦においては重要な問題に発展する可能性が高くなります。

生理的に夫を受け入れられない

女性は、夫に対して減点方式を採用して評価をするために、夫婦生活が長くなれば、セロ点に近づくことになります。それと平行して夫は加齢と共に魅力を失うことになります。このことにより、結婚当初の夫と比較することで、さらに減点が足され、生理的に夫受け入れられなくなります。これにより夫に対する妻の心理に大きな変化が現れます。

男性に対する拒否反応

女性幼少期に男性から受けた不信感から、男性を受け入れられないことがあります。そのような女性は、愛する男性と結婚しても膣などに疼痛を訴えることになり、男性を受け入れることに対して拒否をするようになります。
ここのような、女性は精神的な病気として、夫に触られることも拒否とします。