セックスレス改善の話合いでの禁句ワード!

結婚して夫婦になったが、以前は他人同士であったため、お互いに違う文化の家庭環境で育ってきたのです。
これは、違う文化の家庭環境で育ってきた男と女が夫婦となり、何かの理由で愛の営みがなくなると、考え方の違いから話し合いという行為の必要性の問題が生じます。
そして、愛の営みを復活させたいと考えているのは、セックスレスにより苦痛を受けている側になります。
だから、愛の営みがないことに慣れている側は、長い期間、このことに対して話し合いがないことから、夫婦間の問題として捕らえていないケースが多いことになります。
これが話し合いになったときには、愛の営みを要求している側に、大変な負荷が出てきます。
けれども、この話し合いをする事で、愛の営みができるようになれば、これからの夫婦生活がよりよいものになります。
そのためには、お互いが冷静に話し合うことのできるシチュエーション選びと相手に対しての禁句キーワードを知ることが大切になります。
特に、この話し合いの進行をするのは、愛の営みがなくなり苦痛を受けている側なので、相手が感情的にならないように注意が必要です。

冷静に話し合うには2人だけになりましょう

セックスレス改善の話合いでの禁句ワード!

愛の営みを解決するための話し合いは、以前のようにセックスができるようになることが目的となります。
これは、近くに家族などがいると、夫婦だけの問題を他の人に聞かれることの恐れを感じて、本音で話し合うことが出来なくなるのです。
これを、解決することが、話し合いの成功に繋がる確率が高くなることになります。
その場所とは、車の中や子供がいないときの家、それにホテルなどもオススメとなります。
ここでは、愛の営みがないことに苦痛を受けていない側との話し合いになるため、冷静になることが大切になります。
そして、相手に対して、感情的させないために、禁句キーワードも学びましょう。

夫婦間の性にたいする話し合いになるため聞き役になること

セックスレス改善の話合いでの禁句ワード!

愛の営みを要求する側は、同僚や部下、またはママ友や友人と話すときのように、自分の伝えたいことをだけを話すと解決にはならないのです。ここで大事になることは、話し合いの場で、聞き役に徹することと常に冷静であることになります。
愛の営みがないことを問題視していない側は、何かの理由で性に対する考え方が違うため、その本音を聞き出すための努力と忍耐力が大切になります。

愛の営みを拒む側への禁句キーワード

愛の営みを問題視せずに拒んでいる側の本音を聞き出したと時に、話し合いで解決するための禁句キーワードについては、それが男性と女性では違います。
男性側の場合は、常に性欲があるため、機能不全(ED)や薬剤の影響もあるため『病院へ行って直してよ』になります。これは、他人任せになりため、『一緒に病院へいきましょう』など、男性への気遣いの言葉を使いましょう。
また、風俗やアダルトビデオで満足している場合は、女性は、この文化に慣れていないため、その場で母親のような『不潔だ』のような、発言はしないことになります。
女性側の場合は、性への罪悪感や性への考え方の違いがあるため、『女のくせに』などの言葉は使わないようにすることです。
また、育児や家事への疲労が原因の場合があるため、『俺だって、働いて頑張っている』などの気遣いのない言葉は使わないようにすることです。
男女において共通な禁忌キーワードは、相手に『なぜ、なぜ、なぜ、なぜ』を連発しないこと、これは人を追い詰めることになります。