セックスレスで別居することってあるの?

愛の営みがなくなった夫婦は、愛を確かめ合う方法が失ったことになります。
当然、一緒に暮らしていても苦痛が増えるだけになります。
それは、愛の営みを求めても相手が応じない側のことになります。これが、愛の営みを受け入れない側は、今の暮らしに満足しているケースが多いため、平和な暮らしを崩されることに抵抗を感じます。
だから、セックスレスによる別居は、愛の営みができないことに苦痛を受けている側が、行動に出ることになります。
突然、このような方法を使うと、愛の営みに応じない側は、事の重大さに気がつくことが出来ないために、パニックになる可能性があります。
そして、裁判、離婚へと話し合いの場に第3者が加わることで、二度と愛の営みを戻すことは出来なくなります。
現在、セックスレスによる離婚が増えています。それに伴い別居は増えていることになります。
でも、こればベストの解決方法になるケースとは限りらないのです。
ここでは、このようなケースになることについて紹介します。

愛の営みがなくなった夫婦が別居して暮らすことは解決策になるのか

セックスレスで別居することってあるの?

愛の営みがなくなりには、お互いに何かの理由があることになります。それは、営みを要求する側には苦痛でありますが、営みを拒む側にも拒む理由があります。

この時に、話し合いを持ってから距離をおいて暮らすのと、突然に距離をおいて暮らすことでは大きな違いが生じます。
そもそも夫婦の愛の営みは、お互いの気持ちに問題があるために、話し合いの後で距離をおく暮らしを選んだ結果が、良い方向へ繋がるのではないでしょうか。

実例として、話し合いの結果、距離をおいて暮らすようになり、お互いの環境の変化から愛の営みが戻ったケースが多くなっています。そして、離婚を真逃れた夫婦が出てきています。

実例として、話し合いをもって夫婦が距離をおいて暮らした結果、愛の営みはできたが、夫の本音である一緒に暮らしているといつでも愛の営みが出来ると思っていたと話し出したそうです。そしてこの夫婦は、お互いの本音を聞き出すことが出来たため、妻が離婚をする決意ができたようです。これは、距離をおくことで、愛の営みを拒否していた側に本音が聞き出せた例になります。

夫婦が距離をおいて暮らすことで問題になること

セックスレスで別居することってあるの?

夫婦が距離をおいて暮らすと、子供の養育が一番の問題になります。それは、親と同居の場合は、子供の養育を任せることができるが、夫婦の問題に第3者が加わる恐れがあります。また、距離をおいて暮らすと、余計な費用が発生します。

子育て中の夫婦において、距離をおいて暮らすには、工夫が重要になります。
実例としては、夫が仕事中は妻が子育てをして、夫が家に戻ると妻が別居先に戻る方法をしている夫婦がいます。

親と同居している子育て中の夫婦で、子供を作るときだけの愛の営みしかなかった夫婦は、第3者が入ることで、すぐに離婚になった夫婦が実例としています。