あなたは知ってる?セックスレスが起こる原因の紹介

近所に新婚夫婦が引っ越してくると、毎晩のように愛を確かめ合っているとおもいますよね!
やがて、新婚夫婦の奧さんのお腹が大きくなり、子供が生まれます。そして、幸せな家庭となります。
ところが、最近、このような幸せな家庭に、突然、危機が訪れるのです。
それは、夫婦生活で当然のように営まれているはずのセックスが、何かの原因のため、ゼロになってしまうのです。
これが夫婦間での合意があれば問題にならないのですが、どちらか一方が拒否とすると拒否された方が苦痛を感じます。
これが、今、言われているセックスレスとなります。
このセックスレスは、医学的にも重要なこととして、日本性科学会では、特別な理由をなしに1ヶ月以上セックスがないカップルと定義づけるまでになっています。
ここでは、夫婦生活の中で男と女の大切な営みがなくなる原因を紹介します。

夫婦間の会話が少なくなった

あなたは知ってる?セックスレスが起こる原因の紹介

普通の夫婦であれば、その日にあった出来事や子供などのことについて、会話があります。
ところが、最近の夫婦は、共稼ぎや残業などの影響から、会話が少なくなる擦れ違い夫婦が増えています。
このため、夫婦であっても男と女の繋がり、会話が少なくなれば大切な営みはなくなります。これが、セックスレスへの悪循環に繋がります。

子供が生まれたことで男と女ではなくなる

子供が生まれる前の夫婦は、男と女が一緒に暮らしているため、特別な理由がない限り、愛の営みがあります。そして、この愛の営みがあったため、子供が生まれるのです。
そして、この子供が生まれた事で、夫婦である男と女の関係に変化が生じます。
これは、男がパパとなり、女がママとなることです。このため、お互いに男と女の関係ではない近親を感じ始めるのです。
このため、愛の営みになるセックスに対して抵抗を感じ、セックスレスの原因となるのです。

夫や妻以外の異性が原因となる

あなたは知ってる?セックスレスが起こる原因の紹介

男と女が愛し合い、その結果、結婚をします。そして、お互いに愛し合うためにセックスをします。
ところが、最近、共稼ぎなどによる擦れ違い夫婦が増えたため、お互いに他の異性との交流時間が増えました。
この結果、他の異性に好意を持ち、愛の対象が夫婦間から別の相手に移動します。
このため、夫婦間の愛の営みになるセックスを中止するようになり、セックスレスの原因となります。

生理的に受け入れられない

男と女が夫婦となり一生に暮らすようになると、お互いに、良い部分と悪い部分、綺麗な部分と汚い部分を知ることになります。その結果、これらのどちらかに偏ることで、触れられることや話しをすることも嫌になることがあります。
そのため、夫婦のどちらかが避けるようになります。これでは、夫婦間のセックスが出来なくなります。

加齢や病気

加齢や病気による薬剤の影響から、男性は勃起不全(ED)になります。また男は、ナイーブな性格のため、セックスに拒否を受けたり、生殖器などの差別を受けたりすると心理的・精神的なダメージとなり、愛の営みが出来なくなります。
それから、女性は、膣内疼痛やホルモン、セックスに対する抵抗感などが影響して、愛の営みが出来なくなります。

変わり果てた外見、特にデブ

付き合い始めは誰もが気にしていたオシャレや体型。それがいつしかどうでもよくなっていき、いつの間にか見るも哀れな姿に変貌してしまっていた。。笑いごとでは過ごせない状況に陥っている方もいるのではないでしょうか。そんな相方とセックスをしたいと思う異性は皆無。

しっかりダイエットなり生活習慣なり整え、いつまでも男女を意識した関係を構築できればセックスレスは回避できるかもしれませんね。どうしても意思が弱くダイエットのために運動や食事制限ができないという方には、BBXなどの食欲抑制剤などの薬に頼るのもありです。

せっかく好きあって結婚したのですから、離婚回避の最低限の努力は惜しむことないようにしたいですね。