セックスはしたくない!けど妊娠はしたい!人工授精はできる?

結婚をして妻になると、夫の子供が欲しくなるのは自然なことになります。また、娘や嫁として親から孫の顔が見てみたいと要望されることにもなります。しかし、何らかの原因で愛の営みが減ると妊娠ができない夫婦がいます。
このような時に妻は妊娠するために、人工授精や胎外女性ができないかと考えることになります。
ここでは、愛の営みがなくなった夫婦でも子供を授かることができる人工授精と胎外授精について解説します。

愛の営み出来ないことが原因で妊娠ができない

セックスはしたくない!けど妊娠はしたい!人工授精はできる?

夫がEDなどの病気や心理的な問題のために、愛の営みが出来なくなり夫が妻を妊娠させることができなくなります。また、妻が極度にセックスに対して汚い、怖いなどの訴えから愛の営みがなくなり妊娠ができなくなります。
このように愛の営みがなくなりセックスレスとなった夫婦にとって、妊娠すること重大な問題になります。

子供を授かるための愛の営みが出来ない夫婦は専門施設へ行こう

愛の営みが出来なくなったセックスレス夫婦は、肉体的、心理的、精神的などの問題を抱えていることになります。まずは不妊治療を専門にしている施設へ行くことになります。
そこでは、カウンセリングを通して、不妊治療・人工授精・胎外治療などの提案をされます。これらの中でそれぞれの専門スタッフと話し合いと進行させながら、妊娠を目指す事になります。

愛の営みが出来ない夫婦が子供を授かるまでの手順

セックスはしたくない!けど妊娠はしたい!人工授精はできる?

不妊治療を専門にしている施設では、セックスレス夫婦の問題を解決するためにカウンセリングします。この結果、普通の愛の営みができるようであればタイミング方法などによる妊娠に向けての治療になります。またカウンセリング後、セックスレスを治すことができないときには人工授精と胎外授精の治療になります。
人工授精の場合、夫の射精が必要なためEDなどの病気の場合は困難となります。
この結果、他の方法を選択する事になります。

愛の営みが出来ない夫婦に子供が授かるための費用

不妊治療には、保険が使える治療と保険が使えない治療の2つがあります。
カウンセリングで愛の営みが解消されたときのタイミング法は、保険が使えるため1万~2万円ぐらいの費用となります。
人工授精の場合は、保険が使えない治療となり費用が高くなります。1回の費用が1万~5万になり、何回もチャレンジをすることが出来るため、その度、費用が発生します。
胎外授精の場合も保険が使えない治療となり費用が高くなります。1回の費用が20万~50万になりチャレンジをする回数の制限はあります。
また、不妊治療は保険が使用出来なく治療費が高額のため助成金制度があります。
これについては、お近くの行政機関に問い合わせてください。