性生活が原因の浮気で請求できる慰謝料の金額

男と女が結婚生活を継続するために、愛を確かめ合うセックスは重要なことになります。
それは、法的に認められています。
しかし、この男と女の営みであるセックスを、勝手な理由で拒否をする側がいます。そのため、セックスを拒否された側は、結婚生活に苦痛を感じるようになります。
そして、この苦痛を感じた側は、段々と相手の愛を感じなくなり、やがて、別の異性へ愛を求めることになります。
しかし、婚姻という契約をしたことで、相手を裏切る行為が契約違反になります。したがって、夫婦間以外の異性に愛を求めることは禁止なのです。
これでは、愛の営みがなくなりセックスレスを受けている方の苦痛を無くすことが出来ないのです。
ここでは、苦痛を受けている側が、別の異性に愛を求めることが契約違反ではないことを説明します。

セックスがある夫婦間での浮気は契約違反

性生活が原因の浮気で請求できる慰謝料の金額

通常、婚姻の契約をした夫婦は、どちらかが浮気をすると契約違反になります。
だから、苦痛をうけた側は、契約違反をした側に慰謝料を請求することができます。
この額は、法律の専門家により算出され、相場として平均300万円ほどと言われています。
但し、請求された側の年齢や収入などの影響を受けるため、膨大な額を要求することは出来ないのです

セックスがない夫婦間は契約違反

婚姻という契約をした男と女は、愛の営みすることが法的に決まっています。
このため、勝手な理由で愛の営みを拒否した側は、契約違反となります。
そして、この契約違反をされて苦痛を受けている側は、相手側に苦痛の慰謝料を請求することができます。
この額は、法律の専門家により算出され、相場として約100万~300万円ほどと言われています。
但し、法律によってセックスレスと判断させるには、この期間が約1年以上、また録音や記録などの証拠提出が重要となります。

セックスがない夫婦間での浮気は契約違反ではない

性生活が原因の浮気で請求できる慰謝料の金額

夫婦間においての愛の営みは、婚姻という契約を結んだ以上、重要な項目になります。この重要な項目を、相手の同意を得ずに、勝手に営みを拒否することは契約違反になります。
そして、この愛の営みを拒否され苦痛を受けている側が、相手の契約違反後に浮気をしても、契約崩壊後のため契約違反にはならないのです。
この場合の慰謝料は、相手側からの慰謝料から苦痛を受けて浮気をした側の慰謝料を差し引いた額となります。

こんな変わったセックスレス夫婦でも、慰謝料が頂けた

子供が嫌いな奧さんは、妊娠を避けるためのセックスをご主人に要求していました。しかし、子供好きなご主人は、妊娠を避ける奧さんとの愛の営みが出来なくなりました。その結果、この夫婦はセックスレスになりました。
それから1年後、この奧さんは、年配の男性に好意を持ち浮気をしました。そして同じころ、ご主人が、子供好きな女性と出逢ったため、再婚をすることになりました。
ご主人は、再婚をするために、奧さんの浮気を容認して、離婚をしました。
そしてご主人は、経済的に弱者の奧さんに慰謝料を支払いました。

このような例がありますので、離婚するときは弁護士に相談することをオススメします。