あなたもセックスレスの仲間入り?セックスレスの特徴紹介

夫婦に愛の営みがなくなると、家族全体が暗くなり、解決への話し合いをすることになり、夫婦が距離をおくための別居生活、夫婦として再起不能になる離婚、苦痛を与えたことに対する慰謝料など、いろいろと面倒なことになります。
この面倒なことにならないためには、夫婦の愛の営みを継続していくことが重要になります。
ここでは、愛の営みとなるセックスがなくなる夫婦の特徴を知りましょう。

夫婦の会話がなくなる

あなたもセックスレスの仲間入り?セックスレスの特徴紹介

すべてのセックスレス夫婦に共通することは、お互いの意思疎通がなくなることです。これはお互いに簡単に気がつく課題となりますが、一度このような状況になると歯車が狂い始めます。
やがて、夫婦の会話がなくなると、相手を思いやる気持ちが湧かなくなり、自然と肌と肌の触れ合いがなくなり、愛の営みがなくなり、同じ部屋に居ても何も感じない夫婦となります。これは、セックスレスという病魔がどんどん侵出している特徴になります。
そのため、この課題を修復するためには長い時間がかかる事を覚えておくことが重要になります。

夫婦だけで出掛けなくなる

結婚前は、時間ができると必ず2人でデートをしていました。その時は、お互いに、一緒にいることが嬉しいことだからです。
そして、お互いに愛の確認なども、自然に行われていました。
しかし、夫婦となり、何かの理由で愛の営みが減ると、夫婦だけで出掛けることが減ることになります。

お互いの行動に関心がなくなる

あなたもセックスレスの仲間入り?セックスレスの特徴紹介

夫婦になったとしても男と女の関係に変化はないのです。そのため、お互いに別の異性に興味を示していないか束縛をするのは、正常な男と女の感情となります。
ところが、お互いに男と女を意識しなくなると、束縛することがなくなります。
したがって、お互いの存在に関心がなくなったことになります。

溜息と「疲れた」が増えた

溜息の数が増えたことと「疲れた」と何度も繰り返すと、愛の営みを敬遠するための予防策になります。
夫婦のどちらかが、このようなことが増えた時は、愛の営みをするセックスを初めから、断る姿勢となる特徴となります。

お互いの容姿に関心がなくなす

休日に、妻が化粧などをしなくなる、夫が着替えや整髪もしなくなった。
これは、お互いを男と女を感じなくなったことになります。また、これが、妻の出産後の場合は、お互いが家族の関係になっているというセックスレスの特徴になります。

休日に別の用事を作る

夫婦は、休日に買い物へ出掛けたり、遊びに行ったりするものであります。
ところが、それを急に避けるように、別の用事や仕事を入れることになると、異性に好意を持っている可能性があります。これは、愛の営みが別に移動している危険なセックスレスの特徴となります